ニュースリリース詳細

平成25年7月16日

株式会社レリバンシー・プラス
代表取締役社長 紺野俊介

株式会社レリバンシー・プラス、Googleが提供する
インターネット広告プラットフォーム「DoubleClick Digital Marketing 」
     各ツールの取扱を開始

株式会社レリバンシー・プラス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:紺野俊介、以下レリバンシー・プラス)は、Google (以下グーグル)が提供するインターネット広告プラットフォーム「DoubleClick Digital Marketing 」について以下ツールの取扱を開始致しましたのでお知らせいたします。

・デマンド サイド プラットフォーム(以下、DSP) 「DoubleClick Bid Manager 」(以下、Bid Manager)
・第三者配信プラットフォーム 「DoubleClick for Advertisers 」(以下、DFA)
・検索キャンペーン管理ツール 「DoubleClick Search 」

アドネットワークやDSPを中心に、さまざまなアドテクノロジーが登場し多くの企業で取り組みが開始されています。しかし企業での活用が進むとともに、メディアごとに異なる配信フォーマットやレポートによる広告管理の複雑化、効果測定のしづらさが課題となり、広告の一元管理へのニーズが高まっています。
Googleが提供するDoubleClick のインターネット広告プラットフォームは、各ツールのシームレスな連携が可能なため、複雑化したインターネット広告の管理と運用を一元化し、より効果的な広告配信を可能にします。

■DSP 「DoubleClick Bid Manager 」 (Bid Manager)とは

複数のアドエクスチェンジを跨ぎ、リアルタイムでの広告購入を可能にするテクノロジープラットフォーム、DSPです。ユーザー属性や関心領域、購入意向、広告主の目的に応じてターゲティングされた最適な広告枠に対してリアルタイムに自動入札をかけ、広告効果の最大化をはかるためのツールです。複数のサードパーティデータを管理画面から購入でき、また広告主保有のプライベートDMPとも無料で接続が可能です。このことにより、豊富なターゲティング設計が可能になるとともに、配信結果とオーディエンスデータを照合して成果を検証することも可能となります。

■第三者配信プラットフォーム 「DoubleClick for Advertisers 」 (DFA)とは

デジタル広告プログラム全体の管理に役立つ、広告主や代理店向けの広告管理および広告配信ソリューションです。DFA では、メディアプランの作成、トラフィック管理、ターゲット設定、配信、最適化、レポート作成など、広告運用の一連の作業を一貫して行えます。DFA を使用すると広告運用に伴う煩雑な作業を合理化できるだけでなく、DFA での一元管理によってデジタルキャンペーン間の比較も容易にできます。また、高機能なレポートや分析ツールを使って、キャンペーンの効果を正確に把握することができます。

■検索キャンペーン管理ツール 「DoubleClick Search 」 とは
Google のAdWords 、Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチ(R)およびBing Ads、にわたる大規模なキャンペーンを迅速かつ容易に管理するのに役立ちます。使いやすい操作性と強力なレポート機能はキャンペーン管理にかかる時間を短縮し、入札自動最適化機能はROIの向上を実現します。また、ひとつのプラットフォーム上ですべてのオンライン広告の効果測定が可能なため、クロスチャネルのレポーティングやアトリビューション分析が実現可能です。

レリバンシー・プラスでは、リスティング広告を中心とする運用型広告の豊富な実績とそこで得られたノウハウを生かし、今後さらに高度化・複雑化し、データマネジメントや運用の重要性が増していくインターネット広告において、より効果的・効率的な運用・管理を行うことによって、インターネット広告市場の発展に貢献してまいります。

以上

【 本件内容に関するお問い合わせ先 】
● 株式会社レリバンシー・プラス
 東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F
 TEL:03-3507-8871 FAX:03-3507-8880
【 :お問合せ先 】 担当 渡邉 E-MAIL : info@relevancy-plus.co.jp